不動産WEB最前線|不動産マーケティング

反響が無い理由が何かを考える

売買物件でも賃貸物件でも、反響が無いのには理由があるはずです。

その理由として考えられるのは、

1.情報の露出が足りない

2.情報の内容が貧弱

3.競合にお客様が流れている

4.物件そのものが良くない

5.うさんくさい

上記のような理由が考えられます。

反響が無い理由が何であるかを分析し、その原因をつぶさなければ、反響があるわけがありません。

情報の露出が足りないという結論であれば、予算内でありとあらゆる媒体を駆使して露出を増やさなければいけませんし、情報の内容が貧弱なのであれば情報の質を向上させなければなりません。

競合にお客様が流れているのであれば、競合に負けない露出をするか情報の質を上げるか、もしくは競合が力を入れていない部分で勝つかが必要です。

物件そのものが良くないのであれば、そんな売れ残り物件を沢山露出したところで反響になるわけがありません。また、その物件でもいいと言う人がいるのならば、その人向けにピンポイントで提案する内容に情報公開の中身を変えた方が良いでしょう。

うさんくさい・・・の場合は、社風を変えるか、ターゲットをうさんくさい人に変える・・・くらいでしょうか。

とにかく、何が問題であるかを理解し改善せずに、何かを誰かに頼んで結果が出る事はありません。

反響が無い理由は何なのか?

本当は分かっているけれど、着手していない部分多くないですか。

いつもはやらない少しの行動で、反響が増える事ってあると思います。