質問回答集

ブラウザーの使い分け

私は、インターネットを利用する際に、ブラウザー(インターネットのページを表示するためのソフト)を3つ利用しています。

インターネットエクスプローラー

Firefox(ファイヤーフォックス)

GoogleChrome(グーグルクローム)

それぞれの特徴を申しますと、

【インターネットエクスプローラー】

Windoesの標準ブラウザーで広く一般的に利用されているが、表示が遅い。

【Firefox(ファイヤーフォックス)】

フリーのブラウザーソフトで高機能。様々な便利なプラグイン(拡張機能)ソフトがあり、インターネットベビーユーザーには必須アイテム

【GoogleChrome(グーグルクローム)】

フリーのブラウザーソフトで高速。機能としては全く大した事がないのですがとにかく表示が早い。ネットサーフィンやストリーミングをする場合はお勧め。


本日はこれらソフトの使い分けとして、ホームのページ(ブラウザーを起動したらすぐに起動するページ)を不動産業界向けに個別に設定する使い方を書いてみます。

まずは、インターネットエクスプローラーです。ホームのページとして下記を登録しておいてはいかがでしょうか。

レインズ、謄本取得などのシステム、証明書などが必要なWEBサービス

次にファイヤーフォックス。

自社ホームページ、個人ブログ、ホームページ入稿システム、グループウェア、WEBデータベースなど

最後にクローム。

YahooやGoogleなどの検索エンジンサイト、グーグルアナリティクス(アクセス解析)など


このようにブラウザーにホームのページを個別に設定することによって、それぞれのブラウザーを起動するだけで必要なサービスをすぐに利用できるようになります。


WEB依存が高まってきたら、ぜひブラウザーを使い分けてみてください。

結構便利になりますよ。