不動産WEB最前線|不動産マーケティング

不動産会社のWEBサイトデザイン

不動産会社のサイトをたくさん作ってきました。

その中で、不動産WEBサイトのデザインをどのように考えるかということにいつも難儀していますが、私が思うコンセプトが一つあります。

『お客様の現状より5%背伸びしたデザインにする』

現状を正確に反映しても、よいデザインにはなりません。

しかしながら、WEBサイトは店舗の分身のようなものです。

実際に店舗を訪問したときに、『ホームページと一緒だ!』 と思ってもらえるサイトと店舗の関係が大切だと私は思っています。

店舗とWEBサイトとどちらが、デザインをいじりやすいか?

それは圧倒的にWEBサイトですよね。

ですから、WEBサイトのデザインを作りこんで行って、店舗を少しずつ改善していくほうがよいと考えています。

あまり、大幅にWEBサイトがよいデザインになってしまっても駄目です。
店舗運用のほうがついていけなくなってしまいます。

ですから、『お客様の現状より5%背伸びしたデザインにする』 これが大切だと思うのです。

大幅に上回る必要はないと思います。
サイトが少し上回り、店舗が常に追っかけで改善されてくる。

こんな風に企業イメージを徐々に良くしていけたらと思います。