不動産WEB最前線|不動産マーケティング

他の会社も物件掲載しているから結局意味が無い・・・

『他の会社も物件掲載しているから結局意味が無い・・・』

売買仲介主体の不動産会社様にお伺いしてお聞きした言葉です。

自社ホームページに売買仲介物件を掲載しても、他の業者も山ほどホームページに掲載しているので、そういった仲介物件で自社にお問い合わせが来ることがまずない。と言っていました。
お客様もその辺を理解していて、『またこの物件か・・・』 とあしらわれてしまうのだとか。

こういった仲介物件の場合、そうなるケースはとても多いように私も思います。
結局現地販売会をやっている会社に歩があり、ホームページへ一生懸命掲載している他の会社は、現地販売会をやっている会社の後押しをしてあげているという感じになってしまうでしょう。

葛飾区界隈では、○○○プラザ、や○○地所あたりの現場見学会が多いですから、他の業者が広告活動をすればするほど、現地見学会開催会社へのご協力をしている感じです。

現地引きが一番確かだ! ってよく聞きます。
その通りだと思いますが、確かな現地引きはどのようにして生まれているのかということを考えなければならないと思います。
特にWEB戦略を積極的に自社で行っていないし、チラシもまいていない、のに、現地引きでお客様が来るのには、ヤジ看以外にわけがあると思います。

前述した事例の通り、他社が電話引きを期待して行った広告活動が現地に恩恵を出しているということも言えるでしょう。

結局売買仲介業は物件情報量では勝負にならない時代が来ていると思います。

消費者にしてみれば、表に出ている物件は、不動産営業マンより検索エンジンのほうがよっぽど早く調べてくれます。

仲介業者に消費者が求めていることは、表に出ていない水面下の物件情報か良心的な仲介サービスです。

ホームページで水面下の情報は提供できませんから、仲介サービスでPRしていかなければならないのだと思います。

サービスをしっかりと作っていきましょう。