不動産WEB最前線|不動産マーケティング

不動産会社のためのブログ運用講座 【ブログテクニック 本文編(文書構成)】

前回は、不動産会社のためのブログ運用講座 【ブログテクニック 本文編(考え方)】 でした。

今回は、不動産会社のためのブログ運用講座 【ブログテクニック 本文編(文書構成)】について書いていきます。

前回の記事で書いたとおり、不動産ブログで物件を紹介する際に重要なのは、『物件の提案』です。

物件概要と写真と間取りは、お客様は同じ情報を他のサイトで十分見ている可能性がありますから、他のサイトと違った提案で、差別化を図る必要があります。

他サイトと差別化するには、やはり物件を見ておくことがとても重要になると思います。

見てもいない物件をレインズから取りこんで掲載したところで、反響があっても十分な対応ができずに、結局成約率が下がります。無駄働きが増えてしまうわけです。

ですので、他のサイトとは違うという印象を訪問者に与え、他のサイトでは気付くことができないであろう特徴などを記載しておくことが自社サイトでは大切になってきます。

その為には、物件を見て、特徴をつかみ、入居するであろう人の生活をイメージすることが大切です。そのイメージを提案文章として掲載するとよいです。

また、素人のお客様では気付かない、プロだから知っているメリットも有ると思います。

建築基準法や都市計画や金利優遇など結構いろいろ書けると思います。

そういった内容で本文を構成してあるサイトの反響はより濃い内容の反響になるでしょう。お客様への事前提案がある程度済んでいますから。

また、検索対策にも効果的です。

この様な本文構成にした場合、様々な生活のイメージや条件がおのずと単語として使用されますから、よりニッチな検索にヒットする可能性は高くなります。

ブログを構成する要素として、タイトル、本文、内部リンク、タグ という要素がありますが、これらの要素に記載された単語の関連付けがしっかりなされている事も重要です。

例えばタイトルに 『ルーフバルコニー』 という単語が含まれているにも関わらず、本文ではルーフバルコニーの事を一切語っていないとかは、良い例ではありません。

タイトルを見て、ルーフバルコニーがある家なのだと感じてクリックした訪問者の期待から外れてしまうからです。

内部リンクやタグの話は、以降のブログで書いていきますが、本文の構成をシンプルにまとめると以下の通りです。

✔ 本文は提案文書にする

✔ タイトルに含まれる単語は本文でも利用する

✔ 関連する他の記事がサイト内にあれば内部リンクを貼る

✔ 問い合わせに誘導する内部リンクを貼る

この様な事を意識しながら本文を構成してみてください。

次回は、内部リンクの事について詳しく書いていきます。