不動産WEB最前線|不動産マーケティング

不動産会社のためのブログ運用講座 【ブログテクニック タイトル編(物件掲載)】

前回のお話は、【ブログの代表的な機能】 トラックバックとコメントについてでした。

今回からは、いよいよ本題の 『実際どのように投稿するとよいのか?』 です。

ここまでたどり着くのに前書きが長かったですが、事前の考え方がとても重要ですので、以前の記事を見ていない方は、ぜひ以前の記事もご覧になった上で、今回の記事をお読みください。

ブログを日々更新していく上で、タイトルは非常に重要です。

ブログタイトルによって検索エンジンに対する影響もアクセス数への影響も、訪問者がクリックしようと思うモチベーションも変わってきます。

不動産会社の方が、物件を紹介する場合と、不動産知識や地域情報を紹介する場合とでは、タイトルのキーワード構成に若干の違いが出てきます。

しかしながら、『訪問者の為になる情報を伝える』 という基本は変わりません。

まず物件の紹介を例にとって、タイトルの書き方を考えていきましょう。

不動産物件の場合、賃貸と売買がありますが、基本的なタイトルキーワード構成は以下のとおりです。

【地域名 + 物件種別 + 価格 + 物件の特徴(キャッチコピー)】

上記構成が望ましいです。

地域名は、『葛飾区東新小岩』 のように区と町名の両方を入れるとよいです。
賃貸の場合は、地域名のかわりに沿線と駅名という構成でもよいでしょう。

物件種別は、新築一戸建て/中古マンション/売り地/賃貸アパート/賃貸マンション/貸家 など
この様なキーワードになります。

価格は、3980万円と書くのも良いですし、3000万円台と書いても良いと思います。

物件の特徴の部分がとても重要で、このキーワードでターゲットユーザーが変化したり、アクセスが増減したり、ユーザーがクリックしようと思ったりします。

地域名と物件種別は、最低限記述しなければならないキーワードですが、特徴は書きようによって集客数を伸ばすも減らすもできるキーワードです。

例えば: 葛飾区東新小岩 売り地 2480万円 建築条件なし

例えば: 葛飾区東新小岩 新築一戸建て 3000万円台 駅近物件

もう少し凝った例: 葛飾区東新小岩 新築一戸建て 3480万円 広いリビングのある家

もう少し凝った例: 葛飾区東新小岩 新築分譲住宅 4000万円前半~ 吹き抜けのある高断熱住宅

売買物件の場合はこんな感じのタイトルになります。

賃貸物件の場合もほぼ同じ構成です。

タイトルで考えなければいけないポイントを以下にまとめてみます。

1.訪問者がなんの記事かがすぐにわかるように書く

2.訪問者がクリックしたくなる要素を書く (価格や特徴)

3.地域名には区と町名を入れる

4.タイトルは本文の内容に即した内容を書く

以上の4つのポイントを押さえて書いてください。

『4.タイトルは本文の内容に即した内容を書く』 が今まで説明していませんでしたが、本文編で書いていこうと思っています。

少し触れると、タイトルに 「広いリビングのある家」 と書いてあるのに広いリビングの話を本文に全く書いていないというのはNGです。と言う事です。

訪問者は、どんなリビングなんだろう? と期待してクリックしたにも関わらず、リビングの写真もなければ説明もない。

この様な記事では訪問者にも検索エンジンにも評価されません。

また、本文はタイトルに書いてあることだけを書けばよいのではなく、その他の提案文書もしっかりと書いておくことが望ましいです。

本文の書き方に関しましては、【本文編】 で詳しく説明していこうと思います。

次回は、【ブログテクニック タイトル編(不動産知識・地域情報)】 です。