不動産WEB最前線|不動産マーケティング

ネット反響のユーザーはすぐの返信を待っている

なんだか今更ながら・・・という感じの記事ですが、ネット反響があったユーザーはすぐの返信を待っています。

お問合わせフォームに入力したらすぐにメールチェックをするということです。

自分のお問合わせが受理されたのかどうかをすぐに確認します。

ですからフォーム入力したら必ず直後にオートレスポンスメールを返信した方が良いです。

そりゃそうだろ!! っと解っている人には言われそうです。

でも結構できていないサイトも多いです。

また、初回のメールは本文を全部読んでいただける確率も高いと思います。

ですから、自社のPR等も少ししておくとよいのではないかと思います。

【下記文例】

〇〇様へ

この度は〇〇不動産の資料請求をお申込いただき誠にありがとうございました。

資料は追ってご郵送させていただきますので、今しばらくお待ちください。


・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・

せっかく資料のご請求をいただきましたので、少しだけ私どもの会社の事をお話しします。

〇〇不動産のホームページでは、物件の情報の他に地域情報や不動産購入知識など

皆様のお役に立つ情報を配信しています。

地域情報 http://www.・・・・・/?auto1

不動産豆知識 http://www.・・・・・・/?auto1


また、ご来店いただいた方には、不動産購入には欠かせない知識が満載の小冊子も

皆様にプレゼントしています。

その際、店頭でご案内するスタッフをご紹介します。

スタッフ紹介 http://www.・・・・・/?auto1


〇〇様のご来店をお待ちしております。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

株式会社〇〇不動産

〒123-4567

東京都◎◎区△△町1-2-3

TEL03-1234-5678 / FAX03-9876-5432

E-Mail 〇〇@◎◎.com

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


この様に、オートレスポンスメールも 『ご請求ありがとうございました』 とだけ送信するよりも好感が持てると思います。

地域情報、不動産豆知識、スタッフ紹介、の各URLの後ろについている文字列は、オートレスポンスメールからのクリック率を図るために入れています。

URLの後ろに /?任意の半角英数字

上記のように記載する事で、アクセス解析を見ると実際にオートレスポンスメールからどのくらいの人がURLをクリックしたかを計測する事ができます。

上記のように利用すると単なるオートレスポンスメールですが好感を持っていただいたり、接点を増やしたり、計測をしたりという事が可能になります。


参考までに、メールに使う罫線や囲み枠のテンプレートが掲載されているサイトもご紹介します。

メルマガ素材集 すぐに使える罫線&囲み枠30選