不動産WEB最前線|不動産マーケティング

ホームページの物件紹介方法からわかる業者のスタンス

現在デジコムでホームページを納品させていただいているお客様に、物件の掲載方法などをご指導させていただいていますが、物件紹介する際にコメントとして書く事がない・・・。っておかしくないですか?

それでは、物件を実際ご案内する際に何をお客様とお話ししているのですか?

不動産会社の営業マンにお伺いするとすごい確率でこの答えが返ってきます。

どうか物件を売る際に、もっと言うと創る際に、そこに住む人のイメージをもっとしてもらえないでしょうか?

これはデジコムの前原としてではなく、一消費者として切に願います。

箱作って値段付けたら売れる時代は、終わりを告げます。

不動産会社だけでなく、そこに関連している設計事務所、工務店、建築資材卸、仲介会社、様々な分野のスキルを向上させることが必要です。

不動産会社の社長は敬意を持たれておかしくない存在です。それだけの責任を負って不動産を取り扱っているのですから。

しかしながら、関連する下請け会社が社長のおっしゃることは絶対です。というスタンスで、言われたとおりに仕事をしていればいいんだなどと勘違いして、現状に甘んじていてはいけないと思います。

時には不動産会社の社長に意見し、『社長の考え方では売れません!』と言える知識と情熱をもっていただければと願います。

言われたとおりに仕事するのは楽です。

しかし、それでは不動産会社も下請け会社も成長しないのです。

結局将来食えなくなってしまいます。

関連する企業が、少しづつ強くなっていく、そんな一体感ができたら住宅は色あせない価値を消費者に提供してくれるのではないかと思います。