不動産WEB最前線|不動産マーケティング

不動産会社必須の営業ツール一覧 【主に仲介業】

本日はデジコムが提唱している不動産会社様が行った方が良い営業ツールの一覧を掲載します。

これら一覧に掲載した内容が効果的にメディア連動すると、成果として現れると私は考えています。

そしてこれら一覧に掲載した内容を日々ブラッシュアップしていく作業がデジコムの日々です。

1.ホームページ開設と効果的な運用

2.店頭のPOPの刷新

3.店頭看板や駐車場看板などの屋外看板の一新

4.名刺の改善

5.小冊子・月刊誌などの作成と運用プロセスの構築

6.販売図面のイメージ戦略化

7.間取り作成ソフトを使いこなす

8.営業ツールの作成 (物件プロモーションシート、会社案内、資金提案シート、アフターサポートシート、施工事例紹介シート、お客様の声紹介シート、サンキューレター、など)

9.現地プロモーション (現地看板およびパネル作成、現地の演出、現地資料の充実、入口の矢印誘導看板など)

10.社内データ管理 (公開できない情報のデータベースを持つこと)

11.サプライズ企画 (お客様がびっくりするくらい喜んでいただける企画と実践)

上記のような内容を充実させることで、営業が変わると思います。

上記一覧の中でプロにお願いしないとできないものは、ホームページ、看板、データベース、暗いでしょうか。

それ以外のことは、すべてやろうと思えば誰でもできます。

コツはそれぞれのことを別々に行うのではなく、一貫して行います。

バラバラのデザインで作成していくのではなく、企業イメージを視覚的に訴えられるようにデザインイメージをそろえていきます。

そうすることで、メディアを制作する時に一貫性が保たれ、作りやすくなります。

情報も一貫して管理し、管理しているメディアから分散させ連動させます。

そうすることで、さらにメディア制作稼働が下がり効果的にもなります。

各種内容に関して、今後掘り下げてお話していきます。

上記内容のことを皆様も自社向けに開発してみてはいかがでしょうか。

デジコムがお手伝いできます。