お知らせ・新着情報

マインドマップを利用した企画および商品開発

本日、私(前原)の高校時代の後輩が事務所にきました。

その後輩は独立して食品卸売りをしています。

不動産・建築専門の私になぜ食品卸の後輩が会いに来たかというと、商品企画の方法です。

今まで業者向けの食品卸をしてきた後輩が一般のお客様向けにセット商品を販売したいという相談で、一緒に企画を考えてほしいという要望でした。

そこで、いつも私が利用するのがマインドマップです。

マインドマップは一つの事柄に対して掘り下げて考えていくにはとても良いツールです。

サンプルを載せてみます。※実際の打ち合わせに使用したものではありません。マインドマップ 作成サンプル

このようにして、どんどん思考の枝葉を伸ばしていき実際の行動に移せるまで掘り下げていきます。

考えているうちに、あれもこれもとどんどん出てきますので、(慣れてくると)それらを片っ端から書いていきます。

そうして全体像を見ているとまさに心の地図ができます。

自分がどういう傾向で物事を考えているかも見えてきます。

全体的に何がとがっていて、何が足りないかがわかってきます。

ぜひ皆様もマインドマップで企画開発や問題解決をしてみてください。

マインドマップのお試し版ダウンロードはこちら