お知らせ・新着情報

賃貸管理でオーナーから管理料をもらいたい!!

街場の不動産会社は、賃貸管理という名のボランティア活動を日々おこなっています。

この風習は、昔から根強くオーナー(地主)をあまりにも大事に思いすぎたために、地主様の言うことに逆らえない悪しき風習として定着してしまいました。

今はサービスでやっていても、そのうち相続などで地主が土地を売却する時にでも取り返せる・・・。

このように考えて地主を大切にしていたにも関わらず、地主は簡単に大手に自分の土地を任せてしまったりします。

厳しい言い方かもしれませんが、不動産業者がめんどくさい仕事を地主の為にやっていても、地主はその大変さなど気付かず、さほどありがたいとも思っていない・・・。という現状があります。

すべてそうとは言いませんが、割と多い傾向です。

ですからしっかり、オーナー(地主)さんから管理料をいただき、現状の仕事に対する利益をしっかりいただきたいところです。

管理料もいただいていないのに、滞納している入居者への催促を1日に何度となくする事は、お互いのために決してよくありません。

それだけの仕事をさせるからには、オーナー(地主)さんもそれなりの報酬を支払うべきです。

ではなぜ、オーナー(地主)さんは、不動産業者にお金を払うつもりが無いのでしょうか?

これは、私の主観ですが、不動産会社が行っている面倒臭い作業がサービスとして商品になっていないからだと私は考えます。

不動産会社側にも甘えがあり、お金を取れるだけのサービスになっていないから、オーナー(地主)さんがお金を払うだけの魅力を感じないのだと思います。

オーナー(地主)さんの『かゆいところに手の届くサービス』をしっかりと明文化し価格を設定し、それをこなせる業務プロセスを作り、お金を払うだけの価値のあるサービスにしていければ、管理という名のボランティアはしなくて済むようになると思います。

『大手は手数料の他に広告費をとっているらしい・・・。とか 入居前に害虫駆除費用という名目で1万円もお客様に請求しているらしい・・。とか』そんな事をずるい奴らだ!とねたんでいます。

新興不動産会社は考えようによっては、利益を出すために考えているということです。

大手がこのようなサービスしか考えられないなら、それ以上に意味のあるサービスを提供していけば良いのだと思います。

では、意味のあるサービスとは何があるのか?

オーナー様が必要とするサービス。また、今度書きます。

連続ドラマの終わり方みたいですみません。