中小企業の社長の問題 【業務改善】

中小企業の社長の問題について最近つくづく感じるシーンがあります。

『会社を社長の私物化していること』

これは大変問題です。
会社のお金を使っているのに、社長が身銭を切っている感覚でいる。
たとえ社長であったとしても、会社のお金は個人的に自由に使って良いものではありません。
そもそも、そんなことしたら決算はどうなるのか?
社会の企業的立場をレベルアップするならば、せめて合法的に税務申告することは、最低限のルールです。
政治家や官僚が、税金をいいように利用しているから、民間もそれにあやかって・・・もしくは、だからおれたちも・・・・。みたいな感覚で世の中が回ってしまったら自分の豊かな生活までもおびやかされてしまうのです。
お上の悪事は別物です。
だから自分まで不正を行って良いということにはなりません。
正しく利益を出し、正しく世の中に返していく。
これができて初めて、企業価値、商品価値、サービス価値、など企業が戦略的に行っている事に意味があり評価されるべきだと思います。
企業を私物化したいのであれば、社員を雇用せず、法人から個人事業者になるべきです。
そして自分の思うように会社のお金を使えば良いのです。
法人化したのであれば、何かの志があるはずです。
その志を貫くためにも、会社の私物化は、しない方が結局志を果たす近道になると思います。
企業は、社員全員のもの。
企業は世の中の財産。
人は、自分の生活を豊かにしてくれる存在。
自分は、人の生活を豊かにするための存在。

会社を私物化している中小企業の社長の方々。
考えを改めれば、豊かな未来が待っているのではないでしょうか。
私はそう信じて、これからも社長として頑張っていきたいと思います。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

CONTACT US
 03-3693-1033 
営業時間 10:00~17:30
定休日 土曜・日曜、祝日
MENU