ファイルサーバー 【業務改善】

皆さんの会社のファイルサーバーはしっかり運用できていますでしょうか。
社内LANが中小企業でも、66%の割合で導入されています。(中小企業白書より)
その中でファイルサーバーを運用している企業はまだ少数なのかも知れません。
データの一元管理など、まだ中小企業では考えておらず、残念ながらその生産性は極めて低いものと思われます。
データを一元管理するためには、社内のルールを決めなければなりませんが、どのようなルールを作ればよいのか。
フィルサーバーという名のバックアップ装置のようなものになっており、肝心のマスターデータは個人のパソコンの中、ということを多く見かけます。
ですからファイルサーバーのデータはタイムリーなデータではなく個人のパソコンに保存されたデータがタイムリーなデータなのです。
すなわち、ファイルサーバーのデータは信用のおけるデータではない。ということになっています。

中小企業と大手企業の生産性の違いは、IT運用にあるといっても過言ではありません。
しかし、大手の場合そのIT業務のプロセスを開発するのは至難の技で、大量のコストと数百人クラスの大規模な意識改革が必要になります。
逆に、中小企業のIT業務のプロセス開発は、比較的安価に、数人の意識改革で可能です。
要は、重要性を理解していないと共に着手する方法がわからないがために生産性の低下を生んでしまっているのが中小企業です。
ファイルサーバーの効率運用や業務プロセスを実現するためのシステム導入を進めることで、大企業並みの生産性の向上を図れるはずです。
みなさんの会社でも、早急にファイルサーバーの運用あたりから着手されていくとよいと思います。
ファイルサーバーの構築方法小冊子を無料で差し上げます。
ご希望の方は、お問い合わせ ください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

CONTACT US
 03-3693-1033 
営業時間 10:00~18:30
定休日 毎週日曜、祝日、第1・3土曜
MENU