不動産WEB最前線|不動産マーケティング

ソフトウェアのアップデートってしなくていいんですか?

ソフトウェアのアップデートってしなくていいんですか?

最近この質問を多く受けるようになりました。

結論から言いますと、

『ソフトウェアのアップデートはしてください!』

パソコンが重くなるとか、以前アップデートをしたらパソコンが動かなくなったことがあるとか、いろんな理由でアップデートをしていない方が結構いるようなのですが、アップデートはするものです。

昔は、メールからのウィルス感染が多かったのですが、最近はホームページを閲覧中に感染します。

ホームページを見ているだけでも、ブラウザーでは多くのプログラムが実行されています。

その実行されるプログラムの中に悪意あるプログラムが潜んでいるんです。

これらを防御するのに、ウィルス対策ソフトがインストールされていれば安心というわけではありません。

Java、Flash、Adobe Reader、ブラウザー、メールソフト、Windows、これらをアップデートする必要があります。

パソコン画面右下に、よく 『アップデートがあります』 なんてメッセージが出ますよね。

Java、Flash、Adobe Reader、Windowsのアップデートのメッセージがほとんどですので、メッセージが出たらアップデートしてください。
再起動を求められるアップデートもありますので、今やっている作業は上書き保存しておくことをお勧めします。

私が行く会社で、ウィルス対策ソフトもアップデートされていないし、Windowsも古いまんまだし、その他もろもろも当然アップデートしていないというパソコンをよく見かけます。

アップデートはセキュリティーを高めてくれるだけでなく、スピードが速くなったり新しい機能が使えるようになったり、色々と恩恵もあります。

ソフトウェアのアップデートはしてください。