不動産WEB最前線|不動産マーケティング

〇〇専門っていう選択

最近インターネットサイトを見ていると、〇〇専門って表現が多いですよね。

専門特化すると何となくユーザーの期待値が高まります。

しかしながら、事業者は専門なんて言ったらその他のお客様を捨てることになりかねないため、なかなかそういった謳いだしができません。

でも、ユーザー心理としては専門って言われると期待値が高まる・・・。

『〇〇専門』 の『〇〇』の部分のチョイスがとっても大切ですが、たとえば新小岩の不動産会社が新小岩専門と謳うのは、対して抵抗はないでしょうし、新小岩駅利用者の人口を考えれば十分なお客様がいるわけです。

そして、新小岩の不動産会社は新小岩エリア以外の物件などさほどよく知らないのが現状ではないでしょうか?

ですから専門性を高くアピールすると言うのは、営業戦略上とても重要です。

そうする事で、絞られたニーズのお客様が来店されるため集客後、成約までのプロセスもスムーズでしょう。

例えばもっと絞るとすると、『女性スタッフがお勧めする女性向け賃貸専門店』とか。

この様な打ち出し方で、数サイト自社で持っていても良いわけです。

実際に女性スタッフがサイトを運営し案内し、男性スタッフはまた別の事に専門特化すると言うことだって考えられます。

この様に専門化する事を恐れず、自社がカバーできるエリアやターゲット客はさほど多いわけでもないはずですから、そこを強烈に打ち出していくと言うのも良いのではないかと思います。

自社は何が得意なのか?

どんなニーズの需要が多いか?

これらを分析し、専門特化のサービスを作ってみてはいかがかと思います。