お知らせ・新着情報

誰でもできる不動産業の差別化方法 【不動産マーケティング】

不動産業を営んでいて、他社と差別化を図りたいと思っている社長様も多いと思います。

不動産業における差別化方法は沢山あると思いますが、皆さん手詰まりになっているように見えます。

本日は、お金がかからず差別化できる方法の一例をご紹介いたします。

1.店頭の掲載物件を貼り替えてください。

2.店頭掲載物件の貼り替えとともに店内の書類を整理して整然とした事務所にしてください。

上記2点で来店率が向上します。

店頭の掲載物件は、文字のみでいいので綺麗に貼り替え、窓ガラスにびっしり掲載するのではなく、すき間を開けて店内が少し見えるように。

アットホームからもらったマイソクを貼るだけから変化を付ければそれだけで隣の不動産業者さんと差が付きます。

すき間が空いてしまったら店内が見えてしまうので、雑然としていた店内を綺麗に掃除して、書類の山をかたす。

そうするだけで透明感のあるいい店舗へと生まれ変わり、入りやすい店舗が創りだせると思います。

上記の作業をするのにお金はかかりません。

かかるのは、紙代とインク代と沢山出た事業用ごみを捨てる費用くらいでしょうか。


【豆知識】

書類の片づけ方ですが、山になっている書類を捨てちゃってください。

必要無いから山になっている場合がほとんどです。

いつか使うだろう、いつか見るだろうと、とっておいている書類のほとんどは情報が古く使い物になりません。

もし必要な時はまた調べればよいのです。

古い情報の山にいると新鮮な情報が入ってこなくなります。

古い文書は躊躇せず捨てる事が書類整理のポイントです。

整理整頓と申しますが、整理とは捨てる事です。整頓とは使いやすくすること。

捨ててから(整理)使いやすく(整頓)するのですね。