お知らせ・新着情報

建物のイメージをしっかり伝える 【不動産マーケティング】

昨日は、最近にはめずらしく長時間にわたりCADオペレーターをやっていました。

デジコムのクライアント様でリフォーム業の会社様での作業でした。

イメージを伝えるのに難しいプランで、CADでパース化しないとならない提案内容でした。

CADでパース化したものを眺めていると、実際どのようにリフォームされるのかとてもわかりやすくなります。

私もCAD図面をさんざん書きましたので、頭の中で平面図を立体化することは得意ですが、しかし実際に立ちあがったパースを見るとまた違った感覚が芽生えてきたりします。

そんな事が得意な私ですら、実際パースを見ると感覚が変わるのに、実際リフォームされる方や新築をされる方は平面図だけではイメージはわかないだろうと思います。

不動産業界もこれからは、売り建てが主流になるでしょう。

そんな時、お客様とイメージを共有できるかどうか、不動産会社が伝えたいイメージを正確に伝えられるだろうか。これから重視していかなければならない課題です。

建築確認程度の図面で打合せを終始するのではなく、しっかりとしたイメージを伝えられる手段を持つ事が、建売、売り建ての業者様は必要になってくると思います。

本日お手伝いしたリフォーム会社様のお客様が、思い通りのリフォームができて、満足して頂ける事を祈っています。