国語と哲学

哲学は、経営をされている方は、多かれ少なかれ持っていると思います。
哲学は、信念や行動指針や判断基準など多岐にわたり自分を支えてくれます。
しかし、哲学を誰かに話すとき、そのまま哲学的な表現を使うと、意味が通じなかったり、誤解されたりします。
ですから人に伝える時には、正しい国語に変換して伝えなければなりません。
哲学は経営者にとって、企業の考え方そのものにつながっていきます。
企業の考え方を伝えるときに、哲学的表現ではなく、国語として解りやすく伝えていく事が、万人に対して有効ではないかと思います。
正しい国語の表現力を身に着け、企業をPRしていく事が大切だと感じます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

CONTACT US
 03-3693-1033 
営業時間 10:00~18:30
定休日 毎週日曜、祝日、第1・3土曜
MENU