直帰率の見方 【不動産マーケティング】

アクセス解析を見ていると直帰率ってありますよね。

直帰率とは、そのページをみてサイト内の他のページに移動したか、それともサイト外へ行ってしまったかの判断になる数値です。

直帰率50%のトップページとなると、トップページからサイトを訪れた方の2人に1人は、立ち去っている事を意味します。

直帰率は低ければ低いほど良い。ということになります。

私の統計上では、葛飾区・江戸川区の不動産業者様で、下記のような傾向が見受けられます。

直帰率40%~50%のサイト ⇒ アクセス数×0.1%の集客率

直帰率30%~40%のサイト ⇒ アクセス数×0.5%の集客率

直帰率30%未満のサイト ⇒ アクセス数×1%の集客率

このような傾向が見られます。

直帰率が30%未満のサイトは、1000アクセスで10の問い合わせが期待できる。という傾向です。

基本的にアクセス数を3000位まで持っていきたいですが、同時に直帰率も下げていきたいですね。

そうすれば、ネットから30組位の問い合わせが毎月期待できるホームページになる。という傾向があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

CONTACT US
 03-3693-1033 
営業時間 10:00~18:30
定休日 毎週日曜、祝日、第1・3土曜
MENU