お知らせ・新着情報

情報の接点

初回の題材は情報の接点です。

日々情報には数多く触れる瞬間があると思いますが、私個人的には、情報を公開している側は、消費者が情報に触れた瞬間にある程度勝負を決めないといけないと感じます。情報に触れた瞬間に、より深い層の情報へと誘導できるか、そして消費者にメモリーさせるかがキーになると感じます。情報に触れたときのキーワードは2つ。 『より深い層の情報へ誘導』 『メモリー』です。その両方を可能にしてくれるのが携帯電話です。消費者の脳というメモリーを頼ると様々な新しい情報にかき消され忘れられてしまいます。そしてチラシや看板というようなアナログメディアではより深い層の情報を提供することができません。2つのキーワードを解決してくれる携帯電話を利用した戦略は、重要な不動産戦略になっていくでしょう。