不動産WEB最前線|不動産マーケティング

売上が上がらない時の意識と行動

売上が上がらないとへこみますよね。

このままずーと売れなかったらどうしよう・・・。そんなふうに感じてしまいます。

そんな時は、意識と行動が負のスパイラルに入ります。

行動は意識が決めていますから、意識が負のスパイラルに入ると行動までもがおかしくなり、結果が出なくなるわけです。

そんな時にどんな意識でどんな行動をとってしまうかと言うと、売上を上げなければと思い、今ある顧客や人脈の中から何とか売り上げを上げようと行動します。

しかし、

おそらくその行動はいつも行っている行動であり、その行動が負のスパイラルを作り出しているのですから同じ行動をとったとしても、その負のスパイラルから抜け出す事はできません。

そもそもその行動自体が顧客から受け入れられていないわけですから、同じ事を広範囲にやったとしても影響力のある結果として現れません。

それじゃあどうすればいいのか?

私が良くやる事は、『新しい商品やサービスを探しに行く。』 です。

私も負のスパイラルに迷い込むことがあります。

そんな時には、新しい商材を探しに行ったり、自分とは異なるアイデアを持った人に会いに行ったりします。

そうすると、不思議とその商材が自分の顧客にもうけるような気がしてきます。

何よりも、商材探しの為にお会いした人たちから、逆に仕事の話があったりします。

ちょっといつもと違う行動をとってみると、負のスパイラルのベクトルが修正されていきます。

顧客開拓から取引先開拓に意識を変えてみる。

取引先開拓から社内に意識を変えてみる。

そんな意識の変化が行動を変えてくれるのだと思います。

大変な時期ではありますが、負のスパイラルに入らないようにしたいですね。