不動産WEB最前線|不動産マーケティング

住宅版エコポイントの賃貸住宅への活用

大東建託が賃貸住宅を住宅版エコポイントの対象にするという記事がありました。

当社標準仕様の「賃貸住宅」一部費用負担で住宅版エコポイント対象に!

とりあえず時流ですから乗っかっておくのも手かなと。

国土交通省のページで見ると

平成22年12月31日までにエコリフォームの工事に着手又はエコ住宅の建築着工したものを対象とします。

と書いています。

詳細は国土交通省のぺーじで

建売住宅のチラシなどではまだエコポイント対応などのフレーズはあまり見掛けませんし、エコ基準の建物であればお客様にも喜ばれそうです。

持家・借家、一戸建ての住宅・共同住宅等の別によらず対象と言う事ですからエコポイント対象住宅に認定されれば、30万ポイント(30万円相当)と交換でき、なんか色々な事30万円分考えられそうです。

戸建賃貸などの流行りの商材にも適用が可能ですから、活用方法は広がります。

お客様も注意深く見ているでしょうから、知識として深く知っていた方がよさそうですね。