不動産WEB最前線|不動産マーケティング

Googleトレンドでキーワード探し

デジコムでは不動産会社様が自分で更新するホームページ『Hublog』の販売をしていますが、お客様にはタイトルや本文またはタグを利用する時などは、訪問者が検索しそうなキーワードを入れてくださいね。と言う事をお伝えしています。

かといって、キーワードだけに意識を取られ、文章として何を言っているのか解らないような事になってはいけません。

あくまでも、ネットの向こう側にいるのは人ですから。パソコンや検索エンジンの為にしている訳ではありません。

ページをエントリーする際に、ページタイトルはとても重要です。

もちろんタイトルに伴った本文内容と文章ボリュームも大切です。

タイトルの良くある間違いとして

タイトル : 新築一戸建住宅販売開始!

こんなタイトルです。

こんなタイトルを付ける人が大きく勘違いしている事は、訪問者はTOPページから入ってくるもんだと思っている。

検索エンジンを使って、エントリーした記事に直接アクセスがあるという事を意識していない場合が多いです。

他に間違いとして、このタイトルだと、どこに新築一戸建住宅が販売開始になったのかが解らない。新築一戸建住宅でも自然素材を使った家だとしたらそこはPRしておきたい部分です。

良い例 : 葛飾区東新小岩に自然素材の新築住宅 【見学会開催中】

この様なタイトルの方がまざまなキーワードでヒットしやすくなるのである。

葛飾区,東新小岩,自然素材,新築住宅,見学会 このようなキーワードで検索された際に上位表示され訪問者のニーズに答えた情報である場合が多くなる。

せっかく記事をエントリーするのであれば、このようにエントリーしなければ、TOPページからしか見てもらえないエントリーを量産している事になる。

そんなサイトは、一向にアクセス数が伸びない。

前置きが長くなってしまいましたが、『それじゃあネットユーザーはどんなキーワードで探してるんだよ!』 と言う時に参考になるサービスがGoogleトレンドです。

Googleトレンドは、検索数の多いキーワードを調べる事ができます。

下記の図のように調べたい単語をカンマ区切りで入力してみます。

上記図のように、新築住宅,新築分譲,新築戸建,新築一戸建,建売住宅 とカンマ区切りで入力し、のどれが検索頻度が高いのかを調べてみる事にします。

すると水色の棒グラフ『新築住宅』が一番検索数が多い事が解ります。

※この棒グラフによって、ターゲットユーザーがこの検索を使っていると確定できるものではありません。

新築戸建より新築分譲の方が多いのも意外です。

そんな感じで、一般的な検索数はどのキーワードの方が多いのかと言う目安になります。

是非Googleトレンドを利用してキーワード探しをしてみてはいかがでしょうか。