不動産WEB最前線|不動産マーケティング

不動産広告には具体的な誘導を加えましょう!!

不動産広告を見ているとすべからく、電話番号・URL・現地誘導など 『書いてあるだけ』 の誘導しかありません。

メディアに誘導効果を加える際には、下記ポイントに注意して誘導効果を加えてください。

1.どのように問い合わせしていただきたいのか?

2.問い合わせした結果、何が提供できるのか?

上記2点を意識して、誘導効果を加えてください。

できるだけ具体的に記載する事をお勧めいたします。

結局のところ、問い合わせた結果何があるのかが解らないと問い合わせ率は半減します。

どんな資料が提供できます。 どんな話を聞く事ができます。 現地に行くとどんな事が解ります。

この様に誘導しないと、資料請求・まずは電話・現地販売会開催・・・では、具体的に行動に移すためのメリットが解りません。

具体的に掲載してみると、反響率は変わるのではないでしょうか。