不動産WEB最前線|不動産マーケティング

メディアには誘導を付け加えましょう! 【不動産物件広告】

不動産物件の広告メディアにはアクション誘導を加えましょう。

『どこに、何が、どのくらいの広さで、いくらです』 このように広告してもアクションは消費者自身がどのように起こすか考えなければなりません。

ですから上記の情報の他に、『ホームページではさらに詳しい情報があり、電話をするとどんな相談にのれて、来店するとどんなサービスを受けることができるのか』 これらの事を端的にメディアに掲載する事で、より具体的なアクションの選択肢を消費者は考えずに選択する事ができます。

ですから、どんなアクションをしてもらいたいのかを解り易くメディアでナビゲーションしてあげることがお勧めです。


・電話番号載せておけば勝手に電話するだろう。

・URL掲載しておけば勝手にホームページ見て問合わせするだろう

・住所載せておけば勝手に来店するだろう


上記のようなスタンスでスペースを埋めるがごとく掲載しても効果は半減です。

アクションを起こした結果を解り易くイメージできる説明を端的に行うと反響率は変わると思います。


コメントを残す

*

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>