不動産WEB最前線|不動産マーケティング

生命保険の見直しと住宅ローン

かねてから私の契約している生命保険の見直しをしなければならないと妻から言われ、生命保険会社の方の話を聞いていました。

私は生命保険の他に子供たちの学資保険も入っていました。

生命保険は、自営業者ということもあり掛け捨て部分を多く設定して契約していたのですが、良く考えたらこの若さでそうそう死にません。

ですから、貯蓄性の高い保険に今回切り替えます。

学資保険も何事もなく満期を迎えても元本割れする契約でしたので、その分は普通に貯蓄することにしました。

このように保険を見直してみると将来設計も変わってきます。

学資保険などは満期を迎えれば数百万円貯蓄ですが、もし満期前に解約してしまったら数十万円の損です。

生命保険も若くして掛け捨てが大きかったので結局数十万円の損になってしまいました。

その間保障があったのだからと思えば良いのですが、ちょっともったいない契約だったことは否めません。

学資保険の分は通常の貯蓄に回します。ですから元本割れすることはありません。生命保険も貯蓄性を高めたので、いざ解約する場合も最小限の元本割れで済みます。当然、特約などで保障も厚くしないといけませんから、今まで通りの特約は条件として付けたのですが、月々の金額は1000円程度しか上がりませんでした。

今後の金利上昇やローン減税の期限切れを迎えた時にでもこれら貯蓄で繰り上げ返済してしまえば、ローン金利の支払いを少なくすることができますから、ハイリスクの投資よりも確かな将来設計が可能です。

住宅購入者の方々も、生命保険や学資保険の見直しをすることによって、意外と資金計画が楽になる場合もあると思います。

これらの提案も不動産業の方が知識として持っていたら、将来設計という意味の説得力が上がるのではと思います。