不動産WEB最前線|不動産マーケティング

SEOにお金をかけるならPPCにお金をかけた方が良い?!

SEO対策会社にSEOを頼むと結構高額ですよね。

SEO対策は結構地味な作業で、技術的なSEO対策を提供する会社にとってそれだけの費用をいただきたい気持ちは解ります。

デジコムがやっても同じくらいの費用がほしいです。

しかしながら、最も効果的なSEOは、時代を読み、お客様心理を読み、それらに則した情報をしっかりと公開していくことだと私は思います。

そもそも時代とお客様が欲している情報なのですからアクセスがあるに決まっているのです。

そういった手間をさかずに公開した品質の悪い情報に対して、技術的な対策を取って検索エンジン上位表示させても訪問者へ何らかの印象を与えることができません。

ですから、テクニックより中身が大事なのです。

中身が充実し、自信の持てる内容になってくると当然より多くの人に知っていただきたいという欲求が生まれてきますし、そのようなコンテンツを公開できるようになると効果も期待できるようになります。

そんな時に、PPC(スポンサーサイトリンク)はとても効果を発揮してくれます。

何しろ自分が狙ったキーワードで必ず上位表示させられますから。※単価の高いキーワードは買えないということもありますが・・・・。

『インターネットのクリックなんかに何で金払わなきゃいけないんだよ』と思われている方もまだまだ沢山います。

しかし、インターネット広告の場合は、反響という効果の他にも効果が付いてきます。

分析できるということです。

これは紙媒体では無い効果です。紙媒体の場合は、どの物件に評価が偏り、どれほど読まれ、どれほど相手にされなかったか。全く解りません。

しかし、ネットの場合はある程度数字でそれら情報が分析できるのです。

そう考えたら、クリックにお金払ってもいいのではないかと思います。

例えばSEO対策費として、外注先に8万円を支払っていたとしましょう。

月間アクセス数が現在800アクセス(セッション)。SEO対策を施した後は、1800アクセス(セッション)になったとしましょう。

8万円で得られた効果は、1000アクセスです。割り算したら解りますね。1アクセスにかかった費用は80円です。

検索キーワードから来た訪問者の大半は、SEO対策で狙った第1キーワードと会社名です。LPO効果も並走して出せたとしてもページ数が少ない事が原因となりSEO対策効果がサイト全体にいきわたらない場合、上記のような試算になる事は目に見えています。そして、ページ数を増やさないとSEO+LPOの効果が出せないと気付いて、一生懸命ページを追加していく作業をした場合それは自分の努力であり8万円の恩恵ではありません。

次にPPC(スポンサーサイトリンク)であった場合。

この場合、必ず上位表示されます。

しかも狙ったキーワードで。

そしてクリックされなければ課金はありません。

ですから表示させておくだけでもCM効果は期待できます。(オーバーチュアでPPCをおこなった場合)

しかも、スポンサーサイトリンクをクリックした場合のユーザーは、その情報について本気で探している場合が多い。

狙ったキーワードとサイトの内容が合致していればその分サイトを滞在する時間が長くなりその間に説得できる可能性も高まります。

ですから、コンテンツの内容が重要と冒頭に言った意味はそういうことです。

そしてサイト全体に綺麗な導線を描き、PPCとして広告したキーワードを検索するであろうユーザーを自社の目的のサービスにつなげていくことが能動的にできるようになるわけです。

しかもPPCの場合最低価格は1クリック9円程度で可能です。当然50円、100円のキーワードも買わなければいけない事もありますが、自信を持ってお勧めするコンテンツなのであれば、そこから効果が出せれば安いものです。

ということで、私はPPCを不動産業者も行うべきだと思います。

サイト検索してもわかるように、まだPPCをしっかり運用している不動産会社は少ないです。

地場不動産会社様もお考えになってみてください。