お知らせ・新着情報

まっすぐに消費者を見つめる 【不動産マーケティング】

不動産業者様の戦略を見ていて毎日思うのですが、売りたいものを一生懸命売っている。という感じがします。

消費者が求めているものと言うよりも売りたいものを一生懸命PRしているように感じます。

在庫を早く売りたいのは解りますが、お客様目線を度外視した時、それは悲壮感にしか感じ取れません。

それはお客様も同じです。

お客様の為に必死なのではなく、売るために必死な思いはお客様にも解ります。

そんな姿を見たお客様は、接触を嫌います。

賃貸のページに売りさばきたい売買物件をいくら掲載しても、それはお客様目線に立った情報ではないですよね。

例えば、家賃5万円の賃貸物件の掲載で、もう少し手を伸ばせば、6万円で素晴らしい物件がありますよ。 ってゆう掲載のほうが私は消費者目線だと思います。

賃料9万円の物件に、『中古分譲マンション特集』 みたいな紹介は意味が解るし、検討の余地もあります。

そのように、消費者に対してまっすぐに提案する事が私は功を奏すると思います。

不動産営業マンが見て、『こんなクソみたいな物件』 と思ってPRする物件など、お客様もクソみたいな物件と思うにきまっているのです。

どんな物件であろうと、物件の中から特徴をつかみ、どんな人ならその物件で豊かな暮らしができるのかを想像し、その思いを伝える事が売る人間の能力であり役割です。

それでもどうしようもなく良いところが見つからない物件など、売ってはいけないと思います。

そんな物件売られたら消費者としては迷惑です。

そんな物件だとしたら、営業マンは好んで販売などしないでいただきたい。

これは、一消費者の意見として言いたいです。

しかしながら、そんなどうしようもない物件はよっぽどで、営業マンがその物件の特徴を掴みきれていないことに原因があったりします。

そこにそもそも住んでいた人は、そんなに不幸ではなかったと思います。幸せで豊かな暮らしを支えてきた住居も沢山あると思います。

そんな物件を 『クソみたいな物件』 と一蹴してしまう営業マンは、いかがなものかと思います。

消費者をまっすぐに見つめ、ニーズのあるものを提案していくことが、今一番大切な事だと思います。